サイトマップ

LINK

取扱品目

販売

ロープ

会社案内

メインメニュー
ロープの事は何でも御相談下さい。有限会社ONe’sのWebサイトです。

ロープの事は何でも御相談下さい。

ロープの種類
名   称 別の呼び方
主な特徴
3つ打(みつうち) ロープ、3撚
最も一般的なロープ。端末処理が容易でかつ廉価である反面急激な張力変化によるキンク(ねじれ)が発生しやすい。らせん構造である為、コイル(わがねる)する事が容易。
8つ打(やつうち) エイトロープ、クロスロープ、ブレードロープ
8本のストランドを2本ずつ組にして右撚と左撚を編んである為、非自転性でキンク(ねじれ)が発生しにくい。高強度に仕上げやすい反面、耐摩耗性に難がある。同系統に12打ロープが含まれる。
組紐(くみひも) 編紐、コード、金剛打、ダブルブレードロープ
4打、8打、12打、16打・・・と種類が多く、用途にあわせて設計しやすいが、φ16mm〜の太い物は製作が困難。但し、ホーサー用等のダブルブレードロープにはφ100mmを越える物が有る。
トワイン 紐、撚糸(ねんし、よりいと)
3つ打と比較して合糸工程が少なく、廉価であるがφ6mm〜の太い物は製作が困難でかつ繊維のバラケが発生しやすい。合糸本数(使用繊維量)や目付(Mあたりの重さ)で規格表示される事が多い。
岩糸(いわいと) −−−−−
トワインを更に撚りあわせた形状で、硬いわりに結びやすい反面引張強度が小さい。2×3子打や3×3子打等の構造がある。目付(Mあたりの重さ)で規格表示される事が多い。

ロープは種類の多さもありますが、メーカーや地方によっても呼び方が変わり、ユーザーにとっては不都合な道具とも考えられます。ロープの性能は原料繊維によって大半は決まりますが、繊維の特徴を活かす為には、用途にあった構造が大切です。商標などを含めて全てを網羅する事は困難な為、代表的な一部を紹介させて頂きます。記載外の物や不明点はお問い合せ下さい。

Copyright (C) 2006 ONe’s Co.,Ltd. All Rights Reserved
このホームページ全文章の文責及び著作権は有限会社ONe’sに帰属します。

前のページへ戻る