サイトマップ

LINK

取扱品目

販売

ロープ

会社案内

メインメニュー
ロープの事は何でも御相談下さい。有限会社ONe’sのWebサイトです。

ロープの事は何でも御相談下さい。

繊維の種類

ロープは種類の多さもありますが、メーカーや地方によっても呼び方が変わり、ユーザーにとっては不都合な道具とも考えられます。ロープの性能は原料繊維によって大半は決まりますが、繊維の特徴を活かす為には、用途にあった構造が大切です。商標などを含めて全てを網羅する事は困難な為、代表的な一部を紹介させて頂きます。記載外の物や不明点はお問い合せ下さい。

名   称 主な商標
主な特徴
ナイロン
汎用繊維の中では最も断面積強度が高い。伸度が大きく衝撃吸収性に優れる。吸水性が有る為、染色しやすいが、含水時は強度が低下する。一部の酸により劣化しやすい。係船索やレンジャーロープの原料とされる事が多い。
ポリエステル 東レテトロン®、帝人テトロン®、ユニチカエステル
汎用繊維の中では融点が高く耐摩性に優れる。比重が大きく沈降性が高い。吸水性が無い為、水中での強度低下が無い。アルカリ環境下では劣化する。魚礁繋留索やダブルブレードロープ外層の原料とされる事が多い。
ポリエチレン ハイゼックス®
ロープ用繊維としては主流のひとつ。製造設備が比較的簡易な為、自社生産も多い。融点が低く、高温環境下での強度低下が顕著にあらわれる。東日本を中心とした漁業用ロープの原料とされる事が多い。
ビニロン クレモナ®
日本で開発された繊維で汎用性が高く様々な用途で使用されている。殆どの場合は、ハンドリング性が良い紡績糸として流通している。吸水性が高く乾湿の繰り返しによる硬化が激しい。揚旗索や親綱をはじめ、幅広い種類のロープで原料とされている。
ポリプロピレン 三菱パイレン®
比重が最も小さい(ρ=0.91)。伸びが小さく、破断時の跳ね返りが少ない。酸やアルカリ等の薬品に対して高い耐久性を持つ。吸水性は無いが、吸油性を持つ。ヨットやレジャー用ロープの原料とされる事が多い。
PPスペシャルモノ ダンライン®
ロープ用繊維としては主流のひとつ。製造設備が比較的簡易な為、自社生産も多い。ポリプロピレンを主原料でポリエチレンがブレンドされている。ブレンド比によるが、比重は小さく(ρ≒0.92)浮力が大きい。西日本を中心とした漁業用ロープの原料とされる事が多い。
アラミド ケブラー®
高強度、低伸度、高弾性率のスーパー繊維。紫外線による劣化が激しい。耐熱性も高く、防弾チョッキ等の生地として使用される事で有名。リードロープをはじめ、金属ワイヤー代替用途で使用される事が多い。
ポリアリレート ベクトラン®
高強度、低伸度、高弾性率のスーパー繊維。紫外線による劣化が激しい。耐熱性も高く、NASA火星探査機の降下パラシュートとしても使用された。スーパー繊維としては希少なカラーバリエーションを持つ。金属ワイヤー代替用途で使用される事が多い。
超高密度ポリエチレン ダイニーマ®、スペクトラ®
高強度、低伸度、高弾性率のスーパー繊維。紫外線及び酸、アルカリに強いが、耐熱性に乏しい。スーパー繊維として唯一、比重が1未満(ρ=0.97)。ヨットロープなど高機能ロープの原料とされる事が多い。
ポリ乳酸 テラマック®、エコディア®
主にトウモロコシが原料とされる植物由来繊維。生分解性を有し、自然環境で徐々に分解される。焼却時の燃焼熱も極めて小さく、環境に優しい。開発されてからの歴史が短く、様々な分野での活躍が期待されている。
麻(マニラ・サイザル)
数千年前から世界中で使用されている。腐敗防止に油剤が使用されている。マニラ麻は適度な強度と伸びの少なさを特徴とし、綱引き用ロープとして使用される事が多い。サイザル麻は強度が低く、腐敗しやすいが、廉価である事から幅広く流通している。
綿
中空構造になっているが比重は大きい。吸水性が高く、染色性も良い。熱により溶融せず、ハンドリング性も良い事から、揚旗索(フラッグライン)やスカウトの携帯ロープとして使用されている。
混紡 クレモナS®
複数種類の繊維を混ぜて紡ぎ、各々の特徴を活かしている。紡績糸である為、破断強度は小さい。クレモナSはビニロンとポリエステルを混紡し、締め付け易さと風合いの維持を両立している。用途にあわせて混紡の種類を変えたロープが使用されている。
名称 素材 密度
(g/cm
軟化点
(℃)
燃焼熱
(Kcal/kg)
耐酸 耐アル 吸水 電気抵抗
(Ωcm)
ナイロン ポリアミド 1.14 約180 約7,400 1013~1014
ポリエステル ポリエステル 1.38 約240 約5,500 1012~1014
ポリエチレン ポリエチレン 0.95 約110 約11,000 1016~1020
ビニロン ポリビニルアルコール 1.30 約220 約6,000 × 10~10
ポリプロピレン ポリプロピレン 0.91 約150 約10,500 1016~1020
ケブラー®49 パラ系アラミド 1.45 分解450 約6,900
ベクトラン® 全芳香族ポリエステル 1.41 約400 - - - - - 絶縁
ダイニーマ® 超高密度ポリエチレン 0.97 約150 約11,000 絶縁

Copyright (C) 2006 ONe’s Co.,Ltd. All Rights Reserved
このホームページ全文章の文責及び著作権は有限会社ONe’sに帰属します。

前のページへ戻る

東レテトロン®は東レ株式会社の登録商標です。

帝人テトロン®は帝人株式会社の登録商標です。

ハイゼックス®は三井化学株式会社の登録商標です。

クレモナ®は株式会社クラレの登録商標です。

三菱パイレン®は三菱レイヨン株式会社の登録商標です。

ダンライン®は宇部日東化成株式会社の登録商標です。

ケブラー®は米国デュポン社の登録商標です。

ベクトラン®は株式会社クラレの登録商標です。

ダイニーマ®東洋紡績株式会社の登録商標です。

スペクトラ®米国ハネウェル社の登録商標です。

テラマック®はユニチカ株式会社の登録商標です。

クレモナS®は株式会社クラレの登録商標です。

エコディア®は東レ株式会社の登録商標です。